12月の豪貿易赤字、4.27億豪ドルに縮小-鉄鉱石などの輸出増で

オーストラリアの昨年12月の貿易収 支は、予想を下回る赤字となった。鉄鉱石・石炭の輸出が伸びる一方、 業務用輸送機器の輸入が減った。

豪統計局の5日の発表によると、12月の貿易赤字は4億2700万豪ド ル。前月は27億9000万豪ドル(改定値)だった。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト24人の予想中央値では8億豪ドルの赤字が 見込まれていた。

シティグループのシニアエコノミスト、ジョシュア・ウィリアムソ ン氏(シドニー在勤)は統計発表前にまとめたリポートで、「鉄鉱石の 輸出急増や資本財輸入の大幅減が貿易赤字を縮小させる」と指摘。同氏 は1億8000万豪ドルの赤字を予想していた。

12月の輸出は3%増の254億豪ドル。金属鉱石・鉱物の輸出が12% 増えたほか、石炭・コークス・ブリケットが5%の伸びを示した。輸入 は約6%減の258億豪ドル。業務用輸送機器の輸入が35%減った。

原題:Australia’s Trade Deficit Narrows on Coal, Iron Ore Export Surge(抜粋)

--取材協力:Daniel Petrie.