NY金:続伸、1676.40ドル-プラチナ相場は17週間ぶり高値

ニューヨーク貴金属市場は堅調。金 先物相場は続伸した。プラチナ先物は世界最大手のアングロ・アメリカ ン・プラチナムでの生産減少を背景に、ほぼ17週間ぶりの高値となっ た。

JPモルガン・チェースは1月31日のリポートで、プラチナや関連 貴金属は今年と来年に価格が急上昇する可能性があると指摘した。需要 の拡大や鉱山への投資不足を理由に挙げた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前営業日比0.3%高の1オンス=1676.40ドルで終了した。プラチ ナ先物4月限は0.6%高の1オンス=1.698.10ドル。一時は1.709ドル と、中心限月としては昨年10月9日以来の高値をつけた。

原題:Platinum Futures Advance to 17-Week High; Palladium, Gold Gain(抜粋)

--取材協力:Jaco Visser.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE