米ジェフリーズ幹部への高額報酬、社債に悪影響-ムーディーズ

米ジェフリーズ・グループは幹部2 人に合わせて7800万ドル(約72億円)のインセンティブ報酬を支払う予 定だが、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは実際 にこの報酬が支払われた場合、同社の社債保有者に不利益をもたらす恐 れがあると指摘した。

ムーディーズは4日付のリポートで、「ジェフリーズの業績は同業 他社を上回ってはいるが、短期的な報酬を過剰に重視することは、投資 銀行でみられる過大な規模の取引や信用損失さらに訴訟による損失を招 いた根本的な原因となっている」と述べた。

ジェフリーズが先週届け出たところによると、同社はリチャード・ ハンドラー最高経営責任者(CEO)に2012年と今後の報酬として総 額5800万ドルを支払う計画だ。またブライアン・フリードマン経営委員 会会長は昨年と今後の報酬分として計5330万ドルを受け取ることになっ ている。両者の報酬にはいずれも向こう3年間の制限株3900万ドル相当 が含まれている。ムーディーズのリポートではこれが焦点になってい る。

ムーディーズはリポートで、インセンティブ報酬の権利確定期間が 短いことと大規模な取引損失の関係を受けて監督当局は投資銀行の取締 役会に権利確定期間の延長や支払い額の引き下げ、後に返還できる額の 増額を求める結果となったと述べ、ジェフリーズはこうした当局のガイ ドラインを「十分に順守していない」と指摘した。

ジェフリーズの広報担当者リチャード・カリール氏は、ムーディー ズのリポートに関してコメントを避けた。

原題:Jefferies ‘Hefty’ CEO Pay Is Credit Negative, Moody’s Says (1)(抜粋)