LIBOR操作問題、RBS上層部にも責任-英財務相

オズボーン英財務相は4日、ロイヤ ル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)で短期金融市 場に関連した事業を監督していた管理職や責任者は金利操作疑惑に関し て責任を負うべきだとの考えを示した。

同財務相はイングランド南部のボーンマスで、「監督していた人間 も相応の責任を負わなければならない」とし、「RBSの取締役会や上 級経営陣はこれを認識している。近く決定が下される」と語った。

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作の問題で、RBSは英 米の当局に最大5億ポンド(約730億円)を支払うことで今週中にも合 意する公算だと、事情に詳しい関係者2人が先月明らかにした。投資銀 行部門責任者ジョン・ハウリカン氏が責任を取り、辞任する見込みだと も関係者は述べた。

オズボーン財務相はまた、RBSが米当局への制裁金支払いのため に投資銀行部門でのボーナスを削減するとともに、過去にさかのぼって 裁量的報酬を返還させるべきだとの見解を示した。

米当局への制裁金はRBSのバンカーが支払うべきだという点を 「RBSに対して明確にしており、同行の経営陣もこれを受け入れてい る」と財務相は語った。

事情に詳しい関係者が先月述べたところによると、RBSは制裁金 に充てるため、ボーナスを最大1億5000万ポンド減らす見込み。同行に よれば、11年のボーナスは部門全体で約3億9000万ポンドだった。

原題:Osborne Says RBS Managers Must Be Held Accountable for Libor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE