プレー再開のナダル、エージェント使わず-3.5億円節約も

けがで7カ月間試合から遠ざかって いたテニスのラファエル・ナダル選手が5日、チリでの試合で復帰す る。これを機に事業も開始するもようだ。

同選手はエージェントのIMGワールドワイドとの契約を昨年12 月31日までで終了させた。IMGのテニス部門の責任者、フェルナン ド・ソラー氏は電話インタビューで、ナダル選手は「自身の会社設立を 望んでいた」と述べた。

シカゴのコンサルティング会社、スポーツコープのマーク・ガニス 社長によれば、IMGなどのスポーツエージェントは通常、スポンサー 契約額の最大15%を手数料として受け取る。フォーブス誌によると、ナ ダル選手の昨年のスポンサー契約総額は2500万ドル。エージェントを使 わなければ最大380万ドル(約3億5000万円)程度の節約となる公算 だ。

ガニス氏は「ナダル選手はもはやスポンサー企業を探す必要がな い。企業が向こうからやってくる」と述べた。

原題:Rafael Nadal Denies IMG Cut of Tennis Earnings as Career Resumes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE