台湾のHTC:1~3月の売上高予想は500億~600億台湾ドル

台湾のスマートフォン(多機能携帯 電話=スマホ)メーカー、宏達国際電子(HTC)は4日、1-3月 (第1四半期)の売上高が6四半期連続で減少するとの見通しを明らか にした。中国の競合他社に市場シェアを奪われる恐れがある。

HTCの発表によると、1-3月売上高は500億-600億台湾ドル (約1570億-1880億円)が見込まれている。ブルームバーグがまとめた アナリスト19人の予想平均は648億台湾ドルだった。

昨年10-12月(第4四半期)のスマホ市場で、HTCが上位5位か ら脱落した一方、韓国のサムスン電子や中国の華為技術とZTE(中興 通訊)はシェアを拡大した。HTCは売り上げ拡大を目指し、今月発表 する新モデルを4-6月(第2四半期)に投入する。

原題:HTC Forecasts Continued Sales Decline as Market Share Wanes(抜粋)

あわせて読みたい: