ロンドン外為:円が反発、最近の下げ急過ぎとの見方

4日の外国為替取引で円が反発。最 近の下げが急激過ぎたとの見方から買い戻された。テクニカル指標は相 場反転を示唆する水準にある。

ロンドン時間午前7時17分現在、円は対ユーロで0.3%高の126円29 銭。前週末1日には一時126円97銭まで下げた。対ドルは0.1%高の1ド ル=92円69銭。1日は92円97銭を付けた。ユーロは対ドルで1ユーロ =1.3628ドル(前週末は1.3640ドル)。

期間14日の円の相対力指数は1日に対ユーロで22、対ドルは24だっ た。一部のトレーダーらによると、30を下回る数字は反発を示唆する。

原題:Yen Gains on Speculation Drop Too Rapid; Aussie Rises Before RBA(抜粋)

--取材協力:三浦和美、Mariko Ishikawa.