ジュリアス・ベア:マージンが縮小、メリル部門統合が重しに

スイス3位のプライベートバンク、 ジュリアス・ベア・グループは顧客資産からの利益率が低下した。同行 は米バンク・オブ・アメリカ(BOA)から昨年に買収したメリルリン チの米国外ウェルスマネジメント事業の統合を開始している。

4日の発表によると、ジュリア・ベアの顧客資産、1890億スイス・ フラン(約19兆2800億円)のグロスマージンは昨年7-12月期に94ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)と、前年同期の104bpから縮 小した。

フォントベル・ホールディングのアナリスト、テレサ・ニールセン 氏(チューリヒ在勤)は顧客向け文書で、「明らかにグロスマージンが 圧迫されている」と記述した。

メリル部門の買収で顧客資産は2015年までに720億フラン増える可 能性があるものの、不採算のメリル事業はマージンへの一段の圧力とな る恐れもある。

この日の発表によると、12年通期の純利益は前年比15%増の2 億9700万フランだった

原題:Julius Baer Says Margins Decline Before Merrill Integration (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE