JPモルガン、富裕層に賃貸物件の投資機会提供-住宅回復で

米銀JPモルガン・チェースは富裕 顧客に一戸建て賃貸住宅に投資するチャンスを提供している。米住宅市 場の回復に連動する株式などの価値が急上昇したためだ。

JPモルガン・プライベート・バンクの投資スペシャリストで、マ ネジングディレクターを務めるデービッド・リオン氏は、保有資産500 万ドル(約4億6000万円)超の個人や世帯を顧客とする同行の部門が、 フロリダやアリゾナ、ネバダ、カリフォルニアの各州で一戸建て賃貸住 宅を5000戸余り購入したパートナーシップに顧客資金を投じたと説明。 投資家は家賃収入から得る年間最大8%のリターン(投資収益)のほか にも、保有物件が売却された場合の利益の一部を期待できると語った。

米国では住宅価格の下落が最も激しかった地域の賃貸住宅を購入す るプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社や個人が増えて おり、同行の富裕顧客もこの潮流に乗った形だ。ブラックストーン・グ ループは、想定を超えるペースで住宅価格が上昇する中で27億ドルを投 資するとともに、先月には購入ペースを上げたことを明らかにしてい た。昨年11月に住宅価格が6年ぶりの高い上昇率となった後でも、投資 家は既に急上昇した住宅関連株や住宅ローン債に代わる投資先として賃 貸物件に資金を投じている。

アル・フランク・アセット・マネジメントのジョン・バッキンガム 最高投資責任者(CIO)は、「市場参加者が注目するであろう住宅建 設や設備メーカー銘柄など従来の投資先は、既に異様なほど値上がりし ているため、新規投資という点では恐らく最良の投資対象ではない」と 指摘した。

原題:JPMorgan Entices Millionaires to Become Landlords: Mortgages(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE