豪マッコーリー:13年3月期利益10%増加へ-市場環境改善で

更新日時

オーストラリア最大の投資銀行マッ コーリー・グループは5日、2013年3月期の通期利益が約10%増加する との見通しを明らかにした。市場環境の改善が寄与する。

マッコーリーは当局に5日提出した資料で、事業グループによる純 利益への貢献が前年を「大きく」上回ると予想。また、市場改善が続け ば10%を上回る増益となると説明した。同社の12年3月期の利益は7 億3000万豪ドル(約700億円)と、8年ぶりの低水準だった。

トレーディングや合併関連の手数料収入が減少する中で従業員削減 に踏み切ったニコラス・ムーア最高経営責任者(CEO)は、融資やリ ース、資産運用などより安定した事業に向け経営のかじを切っている。 マッコーリーが市場回復の波に乗るとの見方を背景に同行の株価はこの 1年間に55%上昇した。同行は5月3日に通期決算を発表する。

原題:Macquarie Says Full-Year Profit May Rise 10% on Market Revival(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE