麻生財務相:「高橋是清を模倣」、デフレ対策-数年以内に経済復活へ

麻生太郎財務相は3日、日本経済の 再生に向けたデフレ対策について、1930年台に発生した昭和恐慌の際の 高橋是清蔵相の対応策をモデルにしていることを明らかにした。政策が 着実に取られれば数年で経済復活が遂げられるとしている。

午前放映のNHKインタビュー番組で麻生財務相は、日本でデフレ 対策の経験者は政治家、役所や日本銀行にいないと述べた。その上で 「一番直近は高橋是清大蔵大臣だと思う。我々はいろいろ工夫しながら 対応を模倣している」と強調した。数年以内に健全な日本経済に戻せる のかと問われ、政策継続を前提に「必ずそうなると思う」とも語った。

31年に5度目の蔵相に就いた高橋是清は金輸出再禁止を就任当日に 決めて円相場が下落、続いて日銀国債引き受けも決定して財政支出を拡 大させた、と日銀金融研究所の資料は記している。32年には日銀が公定 歩合を下げ、金融緩和、財政拡大、為替円安のマクロ政策の組み合わせ である「高橋財政」で日本経済は世界に先駆け回復したとしている。

麻生氏はデフレ対策について番組で「経験には学べない、歴史に学 ぶ以外に方法はない」と述べた。為替相場は昨年11月中旬、政権交代の 可能性や日銀ヘの追加緩和圧力の強まりでドル高基調に転じ、1ドル =80円前後だった相場は1日、92円台まで円が安くなった。日銀は1 月22日、物価目標2%を含む追加金融緩和に踏み切った。財政について 安倍政権は、2012年度補正予算を13兆円超の大型とする一方で13年度一 般会計予算案は92兆6115億円と実質的に7年ぶりに減額した。

円安批判はドイツだけ

デフレ脱却政策による円安に対する海外からの批判については麻生 氏は「円安誘導だと言っているのはドイツぐらいですよ」と指摘。08年 は1ドル=105円だったとして「それが3割いきなりで75円、文句言わ ず耐えた、おれたちゃ。どうしてこれみんな言わないのか知らないけ ど」と強調した。

さらに日本経済は「2年数カ月いわゆる円高デフレ不況にすごく悩 まされた」とも付け加え、政府が進める政策の目的はデフレ脱却であ り、円安または株価上昇は結果であると位置付けた。

4月に任期を迎える日本銀行総裁の後任人事については、国際金融 がある程度分かる、英語がそこそこできる、金融緩和政策を維持しても らう、という条件を挙げた。さらに日銀は大組織だとして「組織を動か したことのない人、いわゆる学者とかそういう組織を動かしたことのな い人というのは長をいきなりやるのは大変と僕は思う」とも述べた。

日銀の資料によると、1854年生まれの高橋是清は1911年に日銀総 裁、13年に蔵相に就いて計6回就任、21年に首相を務めて36年に2・26 事件で暗殺された。