米メルク:13年通期は減益の見通し、ジェネリックとの競争で

米医薬品2位のメルクは利益が今 年、減少するとの見通しを示した。主力のぜんそく治療薬「シングレ ア」がジェネリック(後発医薬品)との競争に直面するほか、新薬の市 場投入が遅れるためとしている。

メルクの1日発表によると、13年通期の利益は一時項目を除いたベ ースで1株当たり3.60-3.70ドルになる見通し。ブルームバーグがまと めたアナリストの予想平均は3.69ドルだった。2012年の調整後利益は1 株当たり3.82ドル。

同社では今年の売上高は「12年実績に近い水準」になると予想し た。昨年の売上高は2%減の473億ドル(約4兆3800億円)だった。

12年10-12月(第4四半期)決算は純利益が7.3%減の14億ドル (1株当たり46セント)。一時項目を除いた1株利益は83セントで、ブ ルームバーグがまとめたアナリスト予想平均を2セント上回った。売上 高は4.5%減の117億ドル。シングレアの売上高は67%減の4億8000万ド ルとなり、全体を押し下げた。

原題:Merck Says 2013 Profit Will Decline as Generics Cut Results (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE