米ISM製造業景況指数:1月は53.1に上昇-予想上回る伸び

米供給管理協会(ISM)が発表し た1月の製造業景況指数は市場予想を上回る伸びとなった。

1月の製造業指数は53.1と、前月の50.2から上昇した。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は50.7だった。同指数で50は 製造業活動の拡大と縮小の境目を示す。

ソシエテ・ジェネラルのシニア米国エコノミスト、ブライアン・ジ ョーンズ氏(ニューヨーク在勤)は「製造業は回復に向かっている」と し、「新たな年の始まりとともに状況は改善しつつある」と続けた。

項目別に見ると、生産指数は53.6と前月の52.6から上昇。新規受注 も53.3と前月(49.7)を上回った。雇用指数は54(前月51.9)。

受注残は47.5で、前月の48.5から低下。在庫は51(前月43)に上昇 した。仕入れ価格指数は56.5(前月55.5)。

覧ください。

原題:Manufacturing in U.S. Expanded More Than Forecast in January (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.