日本オリンピック委員会が調査拡大へ-女子柔道での暴力発覚で

日本オリンピック委員会(JOC) は、女子柔道以外のスポーツでも暴力行為がなかったか調査の対象を広 げる。柔道女子日本代表の園田隆二監督は暴力問題で辞意を表明した。

水野正人JOC副会長は1日のインタビューで、JOCは女子柔道 で問題行為のあったコーチらを特定して処分を下した後、他のスポーツ でも問題がなかったかどうかを調査すると述べた。これまでのところ、 女子柔道以外に暴力があったとは聞いていないとも付け加えた。

朝日新聞によれば、園田監督は選手を平手打ちしたり蹴ったりした 事実を全日本柔道連盟(全柔連)に認めた後、1月31日に辞意を表明。 全柔連の上村春樹会長もJOC選手強化本部長を辞任した。JOCには 昨年12月、ロンドン五輪代表を含む女子柔道の選手15人による告発文書 が届いたという。

日本のスポーツ界には指導という名目でコーチが選手を殴っても構 わないという権威主義的な体質があるため、今回の問題はそのような暴 力行為のパターンと合致するものだと、早稲田大学のリー・トンプソン 教授(スポーツ科学)は指摘する。

同教授は「逆境が人を育てるという考え方があるので、コーチは学 生に対してそのような逆境を作り出そうとする。それを正当化する理由 の一部は少なくともそういうことだ。だが実際には、そうされた人は怒 り、その行為を別の相手に繰り返すのだと思う」と述べた。

水野副会長は、選手に対する暴力行為が判明した人物は処分を受け るとし、こうした問題の再発防止にJOCは取り組むと強調。暴力を使 うことなく、選手のやる気を高めてトレーニングしなければならないと 語った。

原題:Japan Olympic Committee Widens Probe After Judo Athletes Abused(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE