英バークレイズのジェンキンスCEO、2012年のボーナス辞退

英国の銀行バークレイズのアントニ ー・ジェンキンス最高経営責任者(CEO)は2012年のボーナスを辞退 すると表明した。指標金利操作で当局から制裁金を科されたことなど規 制に関する一連の不祥事を受けて責任を取る形だ。

同CEOは1日の電子メールで、「終わったばかりの1年は明らか に、バークレイズにとって非常に難しい年だった」とした上で、「これ らの件について私が適正な程度の責任を負うことが正しいと考え、その ような状況を踏まえると私が2012年について賞与を受け取るのは正しい 事ではないという結論に達した」と説明した。

英紙ガーディアンは1月29日に、ジェンキンスCEOは少なくと も100万ポンド(約1億4600万円)のボーナスを受け取れると報じてい た。バークレイズの報酬委員会のジョン・サンダーランド委員長は同 月30日に英議員らに、賞与に関する報道は「憶測」にすぎないと述べ た。

原題:Barclays’s CEO Antony Jenkins Says He Won’t Take Bonus for 2012(抜粋)