ウォール街断念して得た挑戦、15年後に結実-スーパーボウル

米プロフットボールのナショナル・ フットボールリーグ(NFL)でプレーしたいとウォール街での就職先 を15年前になげうったマット・バークさんは、ボルティモア・レイブン ズの選手として今年のNFL王座決定戦スーパーボウルに出場する。

ハーバード大学で経済学専攻のバークさんは3年生が終わった夏休 みにプルデンシャル・セキュリティーズのインターンとして働き、卒業 後就職してほしいとの申し入れを受けていた。ウォール街の仕事に興味 があった。だがそれもマサチューセッツ州ケンブリッジにあるハーバー ド大のキャンパスにスカウトらが現れ、君にはフットボールの最高峰で プレーするチャンスがあると告げるまでの話だ。

バークさんは先週のインタビューで当時を振り返り、「まさにユニ ークなチャンスだったし、あきらめることができるようなものではなか った」と述べた。36歳になったバークさんは「コンピューターを前にし て週100時間も働くなんて今は考えられない」と話す。ニューオーリン ズで3日に行われる今年のスーパーボウルは、レイブンズとサンフラン シスコ・49ersが対決する。

ミネソタ州セントポール出身のバークさんはドラフト173人目の選 手として1998年にミネソタ・バイキングスに入団。2006年のシーズンか らはセンターのレギュラーとして定着し、08年までバイキングスでプレ ー、09年3月にフリーエージェントでレイブンズに移籍した。6人の子 供の父親だ。スーパーボウルを最後の試合にするかどうかはまだ決めて いないとバークさんは述べた。引退後は慈善事業を続ける予定。残りの 人生にウォール街は視野に入っていない。

原題:Harvard’s Birk Wins Super Bowl Start After Shunning Wall Street(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE