パナ:10-12月純損益614億円の黒字に-円安・リストラで

パナソニックの昨年10-12月期の純 損益は614億円の黒字となった。円安を追い風に、市場の赤字予想とは 大幅に食い違う結果となった。前年同期はリストラ抜本化に伴う負担か ら、1976億円の純損失を出していた。

ブルームバーグ・データによるアナリスト3人の予想平均は169億 円の赤字だった。営業損益も前年同期の81億円の赤字から346億円の黒 字に転換し、市場の利益予想310億円を上回った。円安に伴い30億円の 営業増益要因が発生、構造改革でテレビや電池関連の収益も改善した。

通期(2013年3月期)業績予想は据え置いた。営業利益は1400億円 を確保する見込みだが、純損益予想は7650億円の赤字と、前期と並び日 本の製造業でも過去最悪の水準。会見した河井英明CFO(最高財務責 任者)は1-3月期でのテレビ事業黒字化は価格下落のため困難で、半 導体事業の採算改善も目標には届かないとの見通しを示した。

コモンズ投信の伊井哲朗社長は「悪い決算ではないが、もっとスピ ードを出さないと駄目だ」とコメント。「全体で見ると大きな変革が始 まっている感じがしない。もっと資産や事業の売却を加速してほしい が、まだ出てこなかった」と評した。

河井CFOは昨年4-12月期の累計で2039億円の固定費を削減した が、構造改革は「まだ過渡期だと思っている」と言明。3月下旬に発表 予定の中期計画でテレビ事業の改革の詳細などを説明すると語った。 NHKが1日朝に伝えた富士通とのシステムLSI事業の統合について は「何も決まっていないので、何も言えない」と述べた。

河井氏によると1-3月期の想定為替レートは1ドル=85円、1ユ ーロ=105円。昨年4-12月期実績比でドルは5円、ユーロは3円、い ずれも円安方向に設定した。ドルが対円で1円変動すれば、年間の営業 損益に23億円、ユーロでは17億円の影響が出るとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE