S&P500種が97年以来最高の出足-債券やドル上回るリターン

米S&P500種株価指数の1月のリ ターン(投資収益率)はプラス5.2%と、1997年以来の力強いスタート を切った。米国株が世界的な株高をけん引し、債券や商品、為替を上回 るパフォーマンスを上げた。

米国株の指標のS&P500種は先月、07年12月以来初めて1500を突 破し、45カ国の銘柄で構成するMSCIオールカントリー世界指数のリ ターン(配当含む)はプラス4.6%となった。商品24銘柄で構成する S&P・GSCIトータル・リターン指数はプラス4.4%で、昨年8月 以来の好成績。

一方、ドル指数は0.7%下落。2万銘柄の債券を対象とするバン ク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのグローバル・ブロード市 場指数によると、債券のリターンは1月30日時点で平均マイナス0.7% と、このままなら7カ月ぶりにマイナスとなる。

世界の株式時価総額は2兆6000億ドル(約240兆円)増加。それま で最も安全な資産に集まっていた投資資金は、予想を上回る企業業績や 米国の歳出削減と減税失効をめぐる合意、中国経済の成長加速、欧州で の回復の兆候をきっかけに高いリターンを求めて動き出した。ブルーム バーグ調査によると、米国株は今年さらに3%上昇する可能性がある。 一方、ドルは1.9%上昇、商品では貴金属が相場をけん引する見通し。

INGインベストメント・マネジメントの分散投資担当責任者、ポ ール・ゼムスキー氏(ニューヨーク在勤)は先月29日の電話インタビュ ーで、「年初の好調な出足の後でも株式には相当な勢いがある」と述 べ、「収益は力強く、世界経済は底入れしつつあり、バリュエーション (株価評価)は魅力的だ」と語った。

原題:S&P 500 Posts Best Start Since 1997 as Stocks Beat Bonds, Dollar(抜粋)

--取材協力:Claudia Carpenter、Whitney McFerron、Stephen Voss、John Detrixhe、Meg Tirrell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE