メキシコ石油公社の本社ビルで爆発-14人死亡、80人負傷

メキシコ市にあるメキシコ石油公社 (ぺメックス)本社で31日爆発があり、同社によると14人が死亡し、80 人が負傷した。

ぺメックスがツイッターで明らかにしたところでは、爆発は本館タ ワーに隣接する「B2」ビルで起きた。

また、ミレニオTVによれば、3500人が避難したが、爆発があった ビルのがれきの下には複数の人が閉じ込められている。政府高官は救助 犬が生存者を捜索していると語った。

ぺメックスはツイッターで、爆発でビルの1、2階とB2ビルに被 害が出たと説明した。メキシコ紙ウニベルサルによると、事故は現地時 間午後3時半-3時45分(日本時間2月1日午前6時半-6時45分)に 起きた。エアコンの過熱が原因だった可能性があるという。

原題:Pemex Headquarters Blast Kills 14, Injures 80, Company Says (2) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE