NZ中銀総裁:財政再建に優先的に取り組む必要-衝撃に備え

ニュージーランド(NZ)準備銀行 (中央銀行)のウィーラー総裁は1日、同国政府は経済的なショックに 対する回復力を高めるため、財政赤字を減らし、債務を削減する必要が あると訴えた。

ウィーラー総裁はクライストチャーチでの講演で、財政黒字の回復 が「経済の回復力を強化し、将来のショックに対応して財政出動できる 余地を拡大させる」と発言。財政赤字を削減できない場合は「金融政策 を引き締め、そうでない場合に比べて金利を高く設定する必要に迫られ る」と述べた。

キー首相は福祉支出の改革や資産売却、歳出削減を通じて2015年ま でに財政収支を黒字化することを目指しており、ウィーラー総裁もこの 日、首相のプログラムに沿う趣旨の発言を行った。NZ中銀は1月31 日、政策金利を過去最低の2.5%に据え置くことを決定。同総裁は、政 府のいわゆる財政再建が景気回復を抑制する要因として働いているとの 認識を示した。

総裁は「政府支出を減らす重要な措置が講じられており、これは今 後も困難な課題であり続けるだろう」と指摘した。

原題:Wheeler Says Return to Fiscal Surplus Should Be N.Z. Priority(抜粋)