シャープ株反発、5四半期ぶりに営業黒字の報道-東京市場

シャープの株価が反発し、約2週間 ぶりの上昇率を記録。1日午後に発表予定の昨年10-12月期決算が5四 半期ぶりの営業黒字になる、との日本経済新聞朝刊報道が好感された。

株価は前日比5.1%高の327円まで買われた。日中上昇率としては1 月17日以来の大きさ。午前終値は同9円(2.9%)高の320円。

日経は10-12月期営業損益が25億円前後の黒字となったもようだと 報じた。スマートフォン(多機能携帯電話)が好調なほか、白物家電や テレビの販売も会社想定を上回ったとしている。同期間の営業損益につ いては毎日新聞も1月11日付朝刊で200億円前後の黒字と報じていた。

東海東京証券の仙石誠マーケットアナリストは、株価は日経報道を 受けて上昇しているが「本業が回復しないと厳しい」とコメント。決算 発表で、資金繰りなどの見通しが立っているのかなどを確認したいと述 べている。

--取材協力:藤村奈央子. Editors: 浅井秀樹, 駅義則

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE