モルガン・スタンレーCEO、12年の報酬総額9億円-7.1%減

米銀モルガン・スタンレーは、ジェ ームズ・ゴーマン会長兼最高経営責任者(CEO)に総額975万ドル (約8億9400万円)相当の報酬パッケージを提供することを決めた。長 期のインセンティブ(奨励金)が375万ドル相当を占め、ゴーマン CEOの2012年分の報酬は7.1%の減少となる。

31日の監督当局への届け出によれば、ゴーマンCEOの基本給は従 来の80万ドルからほぼ倍の150万ドルに引き上げられた。インセンティ ブ報酬は今後3年間の業績に連動し、同行の業績が目標を上回った場合 は現在の倍の額を受け取ることができる可能性がある。目標の数字は明 らかにしていない。

モルガン・スタンレーの株価は2011年に44%下落した後、昨年 は26%上昇したが、株主資本利益率(ROE)が目標の15%を下回る 5%にとどまったことで、ゴーマンCEOは1月、市場環境が改善され ない場合でもROEを現在の倍に押し上げるプランを提示した。

筆頭社外取締役のロバート・キダー氏は届け出の中で、今回の報酬 について、「経営トップの戦略的決定に対する取締役会の信頼」を反映 したものだと説明した。

原題:Gorman Gets $3.75 Million Incentive, Showing 2012 Pay Fell 7%(抜粋)