S&P500が1600を突破する確率50%超-ビリニー氏

米株式市場調査・資産運用会社ビリ ニー・アソシエーツのラズロー・ビリニー社長によると、S&P500種 株価指数が今年1600を突破する確率は50%超で、株式投資信託への資金 流入と予想を上回る企業利益が追い風になるという。

S&P500種が過去最高値1565.15を超えて1600に達するには、現行 水準からあと6.7%の上昇が必要。ビリニー氏は2009年に始まった強気 相場に先立って米国株の買いを勧めていた1人。同氏は顧客向けリポー トで、、「SPDR・S&P500ETFトラスト」の行使価格160ド ル、12月満期のコール(買う権利)を購入したことを明らかにした。

同氏は「われわれは前向きだ」と述べ、「投資姿勢の転換が見られ る。投資家は投信を売るより買い始めている」と指摘した。

調査会社EPFRグローバルの集計データによると、1月9日終了 週の世界の株式投信への資金流入額は約220億ドル(約2兆円)と、統 計をさかのぼれる1996年以来、2番目の高水準だった。S&P500種は 今月5.1%上昇し、1997年以来最高のスタートを切っている。米連邦準 備制度理事会(FRB)が低金利維持と景気押し上げに向け債券購入を 拡大する中、S&P500種は2009年に付けた12年ぶりの安値から2倍強 に上昇している。

S&P500種は現在、07年10月に付けた過去最高値を約4%下回る 水準。ダウ工業株30種平均は最高値まであと2%弱に迫っている。

ビリニー氏はまた、米経済や住宅市場の強さも同国株に強気になる 理由として挙げた。全米20都市を対象にした昨年11月のS&P/ケー ス・シラー住宅価格指数は前年同月比で5.5%上昇と、06年8月以来の 大幅な伸びだった。

原題:S&P 500 Has More Than 50% Chance at 1,600, Birinyi Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE