米ブラックストーン:10~12月は43%増益-保有資産の価値上昇

世界最大の代替資産運用会社、米ブ ラックストーン・グループの2012年10-12月(第4四半期)決算は、前 年同期比43%増益となった。保有資産価値の上昇が寄与した。

31日の発表によると、07年の新規株式公開(IPO)関連の一部コ ストを除いたベースの純利益(ENI)は6億7000万ドル(約610億 円、1株当たり59セント)と、前年同期の4億6800万ドル(同42セン ト)から増加。1株利益はアナリスト15人の予想平均47セントも上回っ た。発表を受けて、同社の株価は約1年ぶりの大幅高となった。

世界の株価が昨年13%上昇したことに加え、米不動産市場の持ち直 しが保有資産の価値を押し上げ、運用手数料の収入も増えた。スティー ブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)は今月のインタビュー で、世界経済は「危機を脱し始めている」と語っていた。

米国の一般会計原則(GAAP)に沿って算出した場合、10-12月 期の純損益は1億640万ドル(1株当たり19セント)の黒字。前年同期 は2270万ドル(同5セント)の赤字だった。ENIはGAAPに則して いない。

運用資産は2100億ドルと、7-9月(第3四半期)末の2050億ドル から増加して過去最高となった。

ブラックストーンの株価は一時8.7%高と、取引時間中としては11 年10月27日以来最大の上げを記録。株価は年初から30日までに12%上昇 していた。

原題:Blackstone Profit Rises as Holdings Gain Value; Shares Rise (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE