NY銅:4営業日ぶり反落-失業保険申請件数増で景気に懸念

31日のニューヨーク銅先物相場は今 週初めて下落した。米国での新規失業保険申請件数が大幅増加したほか 小荷物輸送最大手、米ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の 収益見通しが失望を誘い、景気回復の道は平たんではないとの見方が強 まったのが背景。

先週の新規失業保険申請件数は3万8000人増加し、増加幅は昨年11 月10日以来の最大となった。またUPSが明らかにした今年の1株当た り利益見通しは4.80-5.06ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリス ト予想の5.13ドルを下回った。銅先物相場は、米国と中国に経済成長の 兆しが見えるとして過去3日間で2.7%上昇していた。

TDセキュリティーズの商品戦略責任者バート・メレク氏(トロン ト在勤)は電話インタビューで、「このところの経済指標は好調だった が、成長ペースが想定よりも遅そうなので相場は下落した」と指摘、 「銅相場は若干上昇ペースが速過ぎたかもしれないが、ここにきて市場 参加者は期待値を下げつつある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限終値は前日比0.5%安の1ポンド=3.732ドル。これで月間上昇率 は2.2%に低下した。

原題:Copper Falls as Jobless Claims, UPS Earnings Cloud Outlook (抜粋)

--取材協力:Mary Jane Credeur.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE