デンマーク住宅市況、最悪期過ぎた-中銀副総裁が底打ち宣言

デンマークの住宅市況は谷底を過 ぎ、回復に欠かせない条件が整ったとの認識を同国中央銀行のカルセン 副総裁が示した。

副総裁はコペンハーゲンでの30日のインタビューで、「デンマーク は健全かつ黒字の経済だ」とし、「成長が上向かない理由となる経済上 の合理的根拠はない」と説明。住宅市場は今や「底打ちした」と言明し た。同国の住宅価格は2007年にピークを付けて以来、20%余り下落して いた。

原題:Danish Housing Slump Is Over, Central Bank’s Callesen Says (1)(抜粋)

--取材協力:Frances Schwartzkopff.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE