JT、今期純利益を上方修正-たばこ好調、為替もプラスに影響

上場するタバコ企業でアジア最大手 のJTは今期(2013年3月期)の連結純利益見通しを3300億円と、従来 予想の3180億円から上方修正した。たばこ事業が好調なうえ、為替レー トが想定より有利に推移したため。

同社の修正値はブルームバーグがまとめたアナリスト17人の事前予 想平均3314億円を若干下回った。31日の発表資料によると、売上高は会 社の従来予想2兆930億円から2兆1180億円に、営業利益予想は同4930 億円から5110億円にそれぞれ上方修正した。

見通しの前提となる為替レートでは、ドル・円を1ドル=79円81銭 と従来予想に比べ81銭円安に設定した。期末配当を従来見通しの1株当 たり30円から35円に引き上げ、年間配当を65円とする計画。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE