今年の米自動車販売は拡大へ-リース契約期限切れで需要増

米ミシガン州の製造業企業で働くウ ォルフ・マーティンさん(36)はトヨタ自動車のスポーツ型多目的車 (SUV)「RAV4」のリース契約期間が3月に切れるため、すでに 車を物色中だ。マーティンさんのような人は50万人に上り、今年の米自 動車販売を押し上げる見通しだ。

米市場では、景気が低迷した2009年にリースが急減。その翌年に大 きく持ち直し、こうしたリースの契約期間が間もなく切れる。リース契 約は通常3年間。

昨年は、マーティンさんのような事情でショールームを訪れる顧客 が少なかったものの、米自動車販売台数は5年ぶりの高水準に達した。 今年は、リース期間終了に伴う新車の購入者は約50万人に上ると、調査 会社エドマンズ・ドット・コムは試算する。全体では約200万件のリー ス契約が今年中に切れる。

マーティンさんはすでにトヨタ自動車やフォード・モーター、日産 自動車のショールームを回った。

リースの契約期間が切れる人が増えることで、ゼネラル・モーター ズ(GM)やフォード、トヨタを含む自動車メーカーの販売が増える見 通しだ。ブルームバーグがまとめたアナリスト18人の予想平均による と、今年の販売台数は1510万台と、12年の1450万台を上回る見込みだ。

アナリスト9人の予想平均によると、1月の米自動車販売台数は前 年同月比14%増の104万台になる見込み。季節調整済みの年率換算で は17人の予想平均で1520万台と予想されている。

原題:U.S. Auto Sales Seen Rising on Post-Crisis Lease Renewals :Cars

--取材協力:Alan Ohnsman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE