中国海洋石油、ネクセン買収時期先送りも-生産増は海外依存

中国最大の海洋エネルギー探査会 社、中国海洋石油(CNOOC)は、カナダのネクセンの買収完了時期 を3月よりも後に先送りする可能性があることを明らかにした。

CNOOCの鍾華最高財務責任者(CFO)は30日に香港で、昨 年12月にカナダ政府から承認された151億ドル(約1兆3700億円)規模 のネクセン買収計画は米規制当局の審査結果を待っている状態で、承認 が間に合わない場合には買収完了の時期を遅らせる可能性があると説 明。その上で、CNOOCは国内生産を伸ばす設備投資に力を入れると も語った。今年の同社の国内生産はほぼ横ばいの見通し。

CNOOCは今年、原油と天然ガスの生産を最大2.1%増やす計 画。2012年は生産目標を達成した。ブルームバーグのデータによると、 同社は昨年、世界最大のエネルギー消費国である中国の需要を満たすた め世界の石油・ガス資産の取得に250億ドルを投じた。この一方で国内 生産の伸びは鈍化。同社の国内・海外合計の生産の伸びは昨年が 約3.6%と、ピークだった10年の40%から低下している。

原題:Cnooc May Extend Nexen Deadline as Overseas Growth Set to Climb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE