台湾:10~12月GDP、前年同期比3.42%増-予想上回る伸び

台湾の昨年10-12月(第4四半期) の経済成長率は市場予想を上回る伸びとなった。世界的回復で輸出が押 し上げられたためで、台湾の中央銀行に利上げを再開する余地をもたら している。

台湾行政院主計処(統計局などに相当)が31日発表した2012年10 -12月の域内総生産(GDP)速報値は前年同期比3.42%増となった。 ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト14人を対象にまとめた調査の 中央値では3%増と見込まれていた。7-9月(第3四半期)は0.98% 増だった。

主計処によれば、12年の年間GDP伸び率は1.25%。主計処は13年 の成長見通しを3.53%と、従来の3.15%から上方修正。今年の輸出の伸 び予想は5.11%から6.07%に、インフレ予想も1.27%から1.31%にそれ ぞれ引き上げた。

原題:Taiwan’s Economy Expanded More Than Estimated in Fourth Quarter(抜粋)

--取材協力:Adela Lin、Ailing Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE