キプロス支援の条件譲らず、姿勢緩和の報道否定-独首相報道官

メルケル独首相のザイベルト首席報 道官は30日の定例会見で、同国がユーロ圏加盟国への支援を承認する前 提条件は、「域内全てにリスクを生じさせる」かどうかだと述べ、政府 の立場に変更がないことを明らかにした。

同報道官はドイツが立場を軟化させているとの一部報道は「極めて 誤解を招くものだ」と発言。ユーロ圏は2月のキプロス大統領選挙後 に、同国からの支援要請について協議すると語った。

原題:Germany Has No New Position on Cyprus, Merkel Spokesman Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE