B787運航停止、調査が長期化なら主要部材メーカーに影響も

ボーイング787のバッテリー不具 合問題は、航空会社による同型機の運航や米ボーイング社の納品も停止 状態が続いている。国内の主要部材メーカーである三菱重工業などの株 価や生産面への影響は出ていないが、この状態が長期化した場合、メー カーに悪影響が出る可能性もあり、見通しは不透明だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。