スペイン:リセッション悪化、10~12月はマイナス0.7%成長

スペイン経済は2012年10-12月(第 4四半期)に中央銀行の推計を超えるマイナス成長となり、リセッショ ン(景気後退)が深刻化した。財政赤字削減の取り組みが内需の足かせ となった。

スペイン統計局が30日発表した10-12月期の国内総生産(GDP) は前期比0.7%減。7-9月(第3四半期)は同0.3%減だった。

スペイン銀行(中銀)は23日、10-12月期のGDPは前期比0.6% 減との推計を示していた。統計局によると、前年同期比では1.8%減。 昨年1年間では1.37%のマイナス成長だった。

欧州連合(EU)の欧州委員会は今週、スペインの財政赤字目標を 緩和する可能性を示唆した。目標緩和は1年で4回目になる。ラホイ首 相は在任1年目を26%という記録的高失業率の中で終えた。

シティグループのシニアエコノミスト、ギヨーム・ムニュエ氏は 「警戒が必要だ。内需の縮小は大幅で、2013年上期も同様の状態が続く 公算だ」と指摘。市場の勢いが「経済のファンダメンタルズ(基礎的諸 条件)の大半を覆い隠している」と語った。

統計発表後のマドリード時間午前9時18分現在、スペイン10年債利 回りは5.14%。ユーロ導入後の最高は昨年7月に付けた7.75%。

シティは今年のGDPが前年比2.2%減、財政赤字はGDP の6.3%、失業率は平均26.9%と予想している。

中銀は先週、2012年の内需は前年比3.9%減との見積もりを示して いた。データによると昨年12月の小売売上高は前年同月比10.7%減と、 エコノミスト予想以上の減少だった。

IHSグローバルのエコノミスト、ラジ・バディアニ氏は「リスク バランスは依然として下方向だ」として、「複数年にわたる厳しい緊縮 財政策が個人消費に水を差した。高失業率と住宅の価値低下、過剰な債 務水準の中で今後もこれは続くだろう」と分析した。

原題:Spain Recession Deepens More Than Forecast Amid Budget Cuts (1)(抜粋)

--取材協力:Mark Evans、Harumi Ichikura、Barbara Sladkowska.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE