今日の国内市況(1月30日):株式、債券、為替市場

きょうの国内市場の株式、債券、為替相場 は以下の通り。

●日経平均終値で1万1000円回復、10年4月来-内需中心、好決算反応

東京株式相場は続伸し、日経平均株価は終値で2年9カ月ぶりに1 万1000円台を回復した。政策による経済押し上げへの期待が強い中、不 動産や倉庫、建設といった内需関連株が上昇。為替の円安に連動し、自 動車など輸出関連株も高い。好業績を確認したヤフーやJR東海の急伸 も、株価指数を押し上げた。

TOPIXの終値は前日比13.91ポイント(1.5%)高の934.67、日 経平均株価は同247円23銭(2.3%)高の1万1113円95銭。きょうの高値 で引けた日経平均は、終値で2010年4月30日以来の1万1000円に乗せ、 同27日(1万1212円66銭)以来の高値水準に達した。

パインブリッジ・インベストメンツの前野達志執行役員は、為替市 場での円安などを受け「中期的に収益が改善するという期待感が背景に ある」と指摘。大きな調整もなく上昇を続けているため、「投資家とし ては売るに売れない相場になっている」と話していた。

●債券続落、円安・国内株高や米債安警戒-長期や超長期債に売り圧力

債券相場は続落。前日の米国債券相場が下落したことに加えて、外 国為替市場での円安基調や国内株高への警戒感から長期債・超長期債を 中心に売りが優勢となった。

東京先物市場で中心限月の3月物は3営業日続落。前日比3銭安 の144円04銭で始まり、直後に144円13銭まで上昇した。その後は再び売 りが優勢となり、一時は9銭安の143円98銭と、日中取引で15日以来の 安値を付けた。終了にかけてやや持ち直し、結局は2銭安の144円05銭 で引けた。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の327回債利回 りは前日比横ばいの0.765%で始まった後、徐々に水準を切り上げ、午 後の取引開始後には1ベーシスポイント(bp)高い0.775%と、15日以来 の高水準を付けた。その後は0.77%で推移した。20年物の141回債利回 りは1.5bp高い1.79%と11日以来の水準まで上昇した後、1.785%で取引 された。30年物の37回債利回りは一時1bp高い2.005%と15日以来の高 水準を付けた。

●円下落、対ドルで一時91円台-アジア株高でリスク選好の円売り圧力

東京外国為替市場では円が下落し、対ドルでは一時1ドル=91円台 に水準を切り下げた。欧州債務危機をめぐる懸念の緩和や米景気の回復 期待を背景にリスク選好の動きが意識される中、アジア株の上昇が円売 りを後押しする格好となった。

ドル・円相場は正午すぎに一時91円03銭を付け、午後3時45分現在 は90円90銭付近で推移。ユーロ・円相場は一時1ユーロ=122円83銭 と、2営業日ぶりの水準まで円安が進み、同時刻現在は122円59銭付近 で取引されている。アジアの株式相場は、日経平均株価が終値で2010年 4月以来の1万1000円台を回復するなどほぼ全面高となった。

外為どっとコム総合研究所のジェルベズ久美子研究員は、欧州を中 心に全体的に「リスクオフ(回避)になるような材料がない」という状 況下で、内外の株価上昇を背景に、リスクオン(選好)ムードが広がっ ていると説明。この日の東京市場では、日経平均の上昇に後押しされ て、ドル高・円安圧力がかかったとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE