米イーグル銀貨の販売量、1月に過去最高に増加

米造幣局のアメリカンイーグル銀貨 の販売量が今月、過去最高に達した。通貨の代替としての需要が増加し たためだ。

米造幣局の広報担当者、マイケル・ホワイト氏は29日の電話インタ ビューで、アメリカンイーグル銀貨の販売量が1月に入ってこれまで に742万オンスと、月間では同局が販売を開始した1986年以降で最大に なったと述べた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が景気てこ入れを目指し債券購入 を実施する中、ニューヨーク市場の銀相場は2008年以降、2倍以上に上 昇している。FRBは量的緩和第3弾(QE3)の下で月間850億ドル 相当の債券を購入している。

金・銀のネット販売を手掛けるブランシャール・ボールト(ラスベ ガス)のアンセム・ブランシャール最高経営責任者(CEO)は電話イ ンタビューで「通貨価値の下落と将来のインフレへの懸念が広がり、量 的緩和が販売量拡大の一因になっている」と指摘。「需要の増加傾向は 続くと予想される」と語った。

原題:U.S. Mint Silver-Coin Sales in January Climb to a Record (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE