JPモルガンのトレーダーが「ロンドンの鯨」と反対の取引-ロイター

米銀最大手JPモルガン・チェース のチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)部門がデリバティブ (金融派生商品)取引で62億ドル(約5633億円)余りの損失を出した問 題で、同行の別の部門のトレーダーがこのポジションと反対方向の投資 を行っていたことが分かり、米上院常設調査小委員会が調査している。 ロイター通信が29日伝えた。

ロイターが事情に詳しい関係者1人からの情報を引用したところで は、上院常設調査小委は、JPモルガンの異なる部門がどうして同じ取 引の反対方向に投資するようになったかを調べている。ロイターは、反 対取引の規模は損失を生んだポジションよりもはるかに小さいとしてい るが、詳細は明らかにしていない。同行の広報担当クリスティン・レム コウ氏はコメントを控えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE