カーライル共同CEO、45億円をケネディ・センターに寄付へ

米投資会社カーライル・グループの デービッド・ルーベンスタイン共同最高経営責任者(CEO)が、ワシ ントンにある総合文化施設ジョン・F・ケネディ・センターに5000万ド ル(約45億4000万円)を寄付する意向を示した。施設の拡張や芸術教育 プログラムの拡充に役立てる。

同センターのマイケル・カイザー所長は電話インタビューで今回の 寄付について、これまでの分も合わせると7500万ドルを超え、創設以 降41年で最大の寄贈者になると述べた。

カイザー所長は「今回の拡張により教育センターのほか、センター 内で行われているパフォーマンスを鑑賞できるビデオウオール、散策を 楽しめる庭園などが設けられる予定だ」と語った。

同センターの理事長を務めるルーベンスタイン氏は29日に発表され た文書で、「連邦予算が削減される中、非営利の連邦施設も慈善活動の 対象に加えることを検討する米国人が増えることを望んでいる」として いる。

カーライル・グループはプライベートエクイティ(PE、未公開 株)や不動産など代替資産の運用で世界2位。

原題:Carlyle Group’s Rubenstein Giving $50 Million to Kennedy Center(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE