12月小売業販売額は前月比微増、予想下回る伸び-燃料販売などが堅調

12月の国内小売業販売額は、前月比 で微増にとどまり、伸び率は予想を下回った。燃料販売などが堅調だっ た半面、機械器具や自動車が減少した。

経済産業省が30日発表した12月の商業販売統計によると、小売業販 売額は前月比0.1%増となった。前年同月比では0.4%増。ブルームバー グ・ニュースの事前調査では、民間エコノミスト予想の中央値は前月 比0.4%増だった。

小売業販売のうち、百貨店など大型小売店販売額(既存店ベース) は前年同月比横ばいだった。エコノミストの予想中央値は同1.0%減。

みずほ総合研究所の風間春香エコノミストは統計発表前のリポート で、小売業販売額が前年比ほぼ横ばいになると予想。「気温低下により 防寒用品や鍋物商材が堅調だった一方、衣料品が11月の販売好調の反動 で落ち込んだとみられる」と指摘。冬のボーナス減少も下押し要因にな ったとみていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE