欧州債:イタリア債下落、入札で需要が減る-スペイン債軟調

30日の欧州債市場ではイタリア国債 が下落。この日の10年債入札で需要が落ち込んだことが背景にある。

イタリア10年債利回りは3週間ぶり高水準となった。この日の入札 での10年債の発行額は35億ユーロ、応札倍率は1.32倍となり、先月 の1.47倍を下回った。スペイン国債も軟調。政府発表によると、同国 の10-12月(第4四半期)国内総生産(GDP)はエコノミスト予想以 上に悪化した。ドイツ国債も下げ、2年債利回りは10カ月ぶり高水準に 近づいた。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、マイケル・ライスター氏(ロ ンドン在勤)は「これまでにかなりの国債発行があり、市場はそれを消 化している」とし、イタリア入札での応札倍率低下を指摘。その上で、 「全体的に、最近の相場上昇後に市場が小休止するのは極めて自然な反 応だ」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、イタリア10年債利回りは前日比15ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.32%。一時は4.33% と、9日以来の高水準となった。25日には2010年11月10日以来の最低と なる4.07%まで下げた。同国債(表面利率5.5%、2022年11月償還)価 格はこの日、1.205下げ109.69。

スペイン10年債利回りは7bp上昇し5.23%。

ドイツ2年債利回りは2bp上げて0.29%。28日には昨年3月21日 以来の高水準となる0.32%に達した。10年債利回りも2bp上昇 の1.71%。昨年9月17日以来最も高い1.73%を付ける場面もあった。

英国債

英国債相場は下落し、30年債利回りは昨年4月以来の高水準となっ た。昨年12月の英住宅ローン承認件数が増加したことを経済統計が示 し、国債需要が減退した。

英10年債も下落し、ここ5営業日で上昇したのは1営業日のみ。銀 行融資を後押しするイングランド銀行(英中央銀行)の取り組みが、景 気回復を支援すると受け止められた。

ロンドン時間午後4時14分現在、30年債利回りは前日比2bp上昇 の3.35%。一時は3.36%と、昨年4月24日以来の高水準となった。同国 債(表面利率4.5%、2042年12月償還)価格はこの日、0.415低下 の121.63。10年債利回りは2.13%と、4日以来の最高に達した。

原題:Italy’s Bonds Fall as Yield Plunge Saps Demand at Debt Auction(抜粋) Gilts Fall as Mortgage Approvals Rise; Pound Weakens Versus Euro (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE