NY銅:続伸-米住宅価格の大幅上昇が景気回復示す

29日のニューヨーク銅先物相場は続 伸。昨年11月の全米20都市の住宅価格が前年同月比で約6年ぶりの高い 上昇率を記録し、景気回復を示す新たな材料となった。

11月の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シ ラー住宅価格指数は前年同月比で5.5%上昇し、2006年8月以来最大の 伸び。ドルが為替バスケットに対して最大0.3%下落し、代替投資先と して商品の魅力が高まった。

PVMフューチャーのブローカー、ハリー・デニー氏は電話インタ ビューで、「われわれは米国経済の回復の兆候が増加しているのを目に しており、住宅価格はそれを確認した」と指摘。「また、ドル相場が若 干下げた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限終値は前日比0.8%高の1ポンド=3.6915ドル。前日は0.3%高だ った。

原題:Copper Rises as Gains in U.S. Home Prices Add to Recovery Signs(抜粋)

--取材協力:Agnieszka Troszkiewicz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE