NY原油:続伸、4カ月ぶり高値-米住宅価格指数が上昇

ニューヨーク原油先物相場は続伸。 4カ月ぶりの高値となった。全米20都市の住宅価格が前年同月比で約6 年ぶりの高い伸びとなったことが好感された。

全米20都市を対象にした昨年11月の米スタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で5.5%上 昇。これは2006年8月以来最大の伸び。エジプト国防相が政情不安で国 家が「崩壊」しかねないと警告したことも原油買いにつながった。

ソシエテ・ジェネラルの石油市場調査米州責任者、マイケル・ウィ トナー氏は「景気に関する楽観がかなり織り込まれている」と指摘。 「マクロ経済の状況は堅調で、それは需要にとって好ましい」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比1.13ドル(1.17%)高の1バレル=97.57ドルで終了した。終値では 昨年9月14日以来の高値となった。

原題:Oil Rises to Four-Month High as Home Prices in U.S. Cities Gain(抜粋)

--取材協力:Tarek El-Tablawy、Salma El Wardany.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE