仏ソシエテを元ディレクターが提訴、不当解雇や賞与未払いで

フランスの銀行、ソシエテ・ジェネ ラルでオランダのデリバティブ(金融派生商品)取引を監督していた元 ディレクターのフォレフ・ホーフト・フラーフラント氏(44)が、不当 解雇と賞与未払いなどを不服として英国でソシエテを訴えた。

ソシエテのロンドンオフィスで働いていた同氏は経費節減プログラ ムの一環として、2012年2月に解雇された。雇用契約に定められている 5カ月前の通知がなかったため解雇は無効だと、同氏の代理人のガイル ズ・パウェル弁護士は先週行われた英雇用審判で主張した。フラーフラ ント氏は裁判所への文書で「事前通知なしの即時解雇は雇用契約に反し ており、従って雇用契約は終了していない」と訴えている。

ソシエテのロンドン在勤広報担当者、マーレー・パーカー氏は訴訟 についてコメントを控えた。

原題:Ex-SocGen Director Sues in U.K. Over Unfair Dismissal, Bonus Pay(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE