インド株(終了):1週ぶり大幅安-エネルギーと通信銘柄に売り

29日のインド株式相場は下落し、指 標のセンセックス30種指数は1週間ぶり大幅安となった。エネルギーと 通信銘柄が大きく下げた。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比112.45 ポイント(0.6%)安の19990.90で終了。構成銘柄の売買高は30日平均 を8%上回った。

世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズは4 営業日続落し、この日は1.6%下げた。インドで携帯電話サービス最大 手のブハルティ・エアテルは2.2%安となった。

インド準備銀行(中央銀行)はこの日、政策金利であるレポ金利 を0.25ポイント引き下げ7.75%にした。利下げは大方の予想通り。預金 準備率については4.25%から4%に引き下げることを決めた。

原題:Indian Stocks Fall Even as RBI Cuts Rates; Reliance Leads Drop(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE