韓国のポスコ:今年は減収へ-昨年10~12月利益、予想下回る

生産量でアジア3位の製鉄会社、韓 国のポスコは、今年の売上高が減少すると見込んでいる。自動車メーカ ーと造船会社からの受注低迷で製品価格が下がり、2012年10-12月(第 4四半期)の利益は予想を下回った。

ポスコが当局に29日届け出た資料によれば、13年の通期単体売上高 は32兆ウォン(約2兆6800億円)と、12年の35兆7000億ウォンから減る 見通し。

12年10-12月期の純利益は5130億ウォンと、前年同期の7670億ウォ ンから減少。ブルームバーグがまとめたアナリスト18人の予想平均値 (5926億ウォン)には達しなかった。

中国の景気減速と欧州の財政危機が、住宅や自動車、船舶で使われ る鉄鋼の需要を後退させ、世界の製鉄各社の利益を圧迫した。ポスコに よれば、世界の鉄鋼市場における「前例のない低迷」が昨年、価格を押 し下げ、収益性を損ねた。

ポスコの鉄鋼価格は昨年、前年と比べ1トン当たり約10万ウォン下 落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE