オランダのベアトリックス女王、4月に退位-長男に継承

オランダのベアトリックス女王は4 月に退位し、長男のウィレム・アレクサンダー皇太子に王位を譲る。同 国では過去1世紀以上にわたり男性の国王がいなかった。

ベアトリックス女王は今月31日で75歳になる。28日の国民向けテレ ビ演説で女王は、4月30日に王位を譲ると発表した。同女王は母親のユ リアナ女王が退位した1980年以降、王位にある。

ウィレム・アレクサンダー皇太子は45歳。2002年にアルゼンチン出 身のマキシマ・ソレギエタ氏(42)と結婚し、現在3人の娘がいる。マ キシマ妃は投資銀行業務に携わっていた経験がある。父親は軍政時代に 閣僚を務めたホルヘ・ソレギエタ氏。

オランダでは1890年に国王ウィレム3世が死去して以来、男性の王 位継承者は現れていなかった。

原題:Dutch Queen Beatrix to Abdicate After 33 Years in Favor of Son(抜粋)

--取材協力:Maud van Gaal.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE