ECB、訴訟や賠償請求の対象に-銀行監督権限一元化で欧州委

欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏 の銀行監督の責務をうまく果たせない場合、訴訟や賠償請求の対象とな る恐れがあると欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会当局者が 指摘した。

ブルームバーグ・ニュースが入手した14日付の文書によれば、銀行 監督権限が与えられた段階で、ECBには各国の銀行監督当局と同じ責 任のルールが適用される。10日付の別の文書によると、ECBが銀行に 資本増強を求める場合、各国監督当局と同様の検査や審査の対象とな る。

14日付の文書は、ECBが「違法行為や不作為の責任を問われる可 能性がある」と説明。規制に違反した銀行の免許を取り消すことができ なかった場合などに責任が適用される恐れがある。

EUの財務相は先月、ユーロ圏の全ての銀行の監督権限をECBに 与えることで合意。欧州の救済基金が銀行を直接救済する道が開かれ た。

原題:ECB Oversight Failures May Lead to Damage Claims Under EU Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE