LIBORなどの改革策、数カ月で見解明確化-カーニー議長

金融安定理事会(FSB)のカーニ ー議長(カナダ中央銀行総裁)は28日、ロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)やその他の銀行間貸出金利の不正操作疑惑を受けた指標 金利の改革策について、監督当局は向こう数カ月で見解を明確にすると 述べた。

カーニー議長はチューリヒでの会議後に記者団に対し、「まだ情報 を共有している段階だ」と説明。「向こう数カ月で最善の方法に関する 見解をはっきりとさせる」と述べた。

原題:Carney Says FSB to Hone Views on Libor in ‘Coming Months’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE