AIG株が上昇、一世代に一度の好機とサンフォードが指摘

28日の米株式市場で、アメリカン・ インターナショナル・グループ(AIG)の株価が上昇。大手保険会社 の中で最大の上昇率となった。サンフォード・C・バーンスティーンが AIG株について、米政府からの救済資金を同社が完済したことで「一 世代に一度」の買いの好機だと指摘したことが買い材料となった。

サンフォードのアナリスト、ジョッシュ・スターリング氏は同日の 投資家向けリポートで、「米財務省がAIG株を全て売却したことで、 今年は同社が利益向上に向けて前進し、自社株の買い戻しを再開し、配 当も実施する公算が大きい」と予想。その上で、「大幅なディスカウン トで株式を購入する一世代に一度の、リスクの低い好機であると当社は みている」と説明した。AIGの投資判断については「アウトパフォー ム」を維持している。

AIG株は前週末比1.6%高の37.30ドルで終了。S&P500種保険 株指数を構成する22銘柄の中で最大の上昇率となった。年初来で は5.7%上昇。昨年は52%値上がりした。

AIGは昨年12月、同社に投入された公的資金1823億ドル(現在の 為替レートで約16兆5000億円)のうち未返済分を支払った。

原題:AIG Advances on Once-In-Generation Buy Call by Bernstein (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE