イタリア入札:181日物の落札利回りは約3年ぶり低水準

イタリア政府は29日の入札で、181 日物証券85億ユーロ(約1兆350億円)相当を発行した。2月24、25日 に総選挙を控え政治的不透明感があるにもかかわらず、落札利回りは約 3年ぶり低水準だった。欧州中央銀行(ECB)の債券購入計画が支え となった。

平均落札利回りは0.731%と、2010年3月26日以来で最低。昨年12 月27日の入札時は0.949%だった。応札倍率は1.65倍(先月は1.57 倍)。週内の97億8000万ユーロの償還も需要を支えたとみられる。

1月24、25日に実施された世論調査では中道左派でベルサニ党首が 率いる民主党の支持率が30.7%、モンティ首相の中道連合が14.5%、ベ ルルスコーニ前首相の自由国民が20%。このまま行くと、中道左派が中 道連合と組んでも議会で絶対多数を持つ政権が誕生しない恐れがある。

イタリアは30日に国債入札を予定している。

原題:Italy Sells Bills as Rates Drop to Lowest Since March 2010 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE