ギリシャ急進左派党首:債務危機解決で欧州の会議が必要

ギリシャの主要野党、急進左派連合 (SYRIZA)のツィプラス党首は、欧州は緊縮政策を放棄し、ギリ シャの債務を持続可能にして同国の成長を回復するための首脳会議を開 く必要があると述べた。

ツィプラス党首は今月25日にニューヨークでブルームバーグテレビ ジョンに対し、「もしわれわれがギリシャで第一党に選出されれば、緊 縮策を中止し、緊縮策の覚書を失効させることがわれわれの戦略だ」と 発言。「ギリシャ債務の再編と融資合意の再交渉が必要だ」と語った。

同党首はさらに、域内の危機を解決するには、ドイツに債務救済を もたらした1953年の欧州の会議と同様の会合が必要だと指摘。第2次大 戦後の欧州の復興を支援するため、1947年にマーシャル米国務長官(当 時)が提案した欧州復興計画のようなプランも加える必要があり、実現 すればギリシャや南欧の景気回復につながると指摘した。

原題:Greece’s Tsipras Wants European Conference to Solve Debt Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE